目の下のクマの原因と対策を紹介!

目の下のクマの原因と対策

原因とともに種類とその見分け方、目の下のクマを隠すおすすめの化粧品やコンシーラーもご紹介するので、自分の目の下のクマの種類に合った対策で消しちゃおう

また、男性の目の下のクマの原因や種類、改善方法もお教えするので、男性の方もチェックしてみてくださいね。

目の下のクマの原因はこれ!

目の下のクマの原因をお教えします!

目の下のクマの原因

目の下のクマはメイクで隠すにしても限界があり、一度あらわれてしまうとなかなか消えてくれないのも困りますよね。

一気に老けた印象になったり疲れた印象を相手に与えてしまいます

目の下のクマというと、睡眠不足や夜更かしが原因と考えている方も多いと思います。

しかし、それは原因の一つでしかなく他の原因もたくさん存在します。

原因を知り、一つずつ当てはまる原因をつぶしていくのが目の下のクマを作らないコツといえるでしょう。

それでは目の下のクマの原因を見ていきましょう。

まず、茶色のクマの原因は色素沈着です。

日焼けが原因でシミのように目の下にあらわれてしまいます。

目の下の部分にもきちんと日焼け止めを塗るなどUVケアを行うことで予防できます

また、目の下は弱く摩擦などの刺激も受けやすいので、メイクを落とすときの刺激が原因で目の下のクマになるケースがあります。

他には目の下のたるみが原因でクマができてしまう場合があります。

日々、重力を感じて生きているのでどうしても年齢を重ねるにつれて肌のハリはなくなりたるんでいってしまいます。

そのたるみが目の下にあらわれるとに影ができて目の下のクマの原因となる場合があります。

そして、血行不良も目の下のクマの原因です。

目の下の皮膚は薄いので血行不良を起こすとすぐに目の下の影が目立ってしまいます。

血行不良の原因としては睡眠不足や眼精疲労など様々な原因が存在します。

睡眠不足などは生活習慣の改善で治すことができますが、慢性的に血行が悪く影が目立ちやすい方も中にはいます

そういった方は少々時間をかけて身体全体の血行を良くする必要があります。

このように目の下のクマと一言でいっても原因には様々なものが存在します。

単純に睡眠不足と考えて寝てみたけれど目の下のクマが治らなかったという時は別の原因があるのかもしれません。

まずは自分の目の下のクマの原因について見極めてみましょう

目の下のクマの種類と見分け方

目の下のクマの種類と見分け方とは!?

目の下のクマの種類と見分け方

目の下のクマといっても様々な原因や症状があります。

目の下のクマとは1種類だけのものではなくいくつか種類が存在します。

この種類を見極めることができないと予防や対策もとりにくいので、まずはご自身の目の下のクマの種類を特定して見分けましょう

年齢や肌の状態によっては、複数の種類の目の下のクマがあらわれてしまっている場合もあります。

まず1つ目の種類は、茶クマと呼ばれる種類です。

こちらの種類は、色素沈着が原因でできてしまいます。

目元が茶色くくすんでいたり黄色っぽくなっている時はこの茶クマであるケースが多いです。

これは色素沈着により起こるので、目の下のクマというよりもシミに近く体調が変化してもあまり濃くなったり薄くなったりという変化はしないのが特徴です。

いつも目元が茶色っぽいという場合にはこちらの種類があてはまるかもしれません。

続いての種類は、目の下のたるみによっておこる黒クマと呼ばれる種類です。

こちらの種類は、できてしまうと特に相手に老けた印象を与えてしまいかねません。

これは目の下にたるみができてハリが失われたことが原因で影ができてしまい、クマのようになってしまいます。

影ですので隠しにくいのが特徴です。

最近、なんだか目の下がくぼんできた気がする、肌のハリが失われてきた気がするといった方は、種類としてはこの黒クマがあてはまってしまうかもしれませんね。

また、加齢によって目の下に影があらわれてきたという方も黒クマである可能性が高いです。

最後の種類は、青クマと呼ばれる種類です。

こちらの種類は、血行不良、いわゆる寝不足が原因で起きてしまいます。

目の下のクマの種類の中でも、青クマは経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

血行不良が原因ですので、目の下が青黒かったり、青紫色になったりしてしまいます

また、青クマは体調の変化によって濃くなったり薄くなったりするのも特徴です。

目の下のクマは皮膚科でも治せる!メリット・デメリット

目の下のクマは皮膚科でも治せるんです!

目の下のクマは皮膚科で治せる!メリット・デメリット

目の下の影が濃いと化粧をしても仕上がりが悪くなりますし不健康な印象を与えてしまいますよね。

老けて見えるようになってしまい嫌という方も多いでしょう。

そんな目の下のクマですがどうやって治したら良いのでしょうか。

確実に治したいのであれば皮膚科で目の下のクマを治すという方法があります。

皮膚科で目の下のクマを治すメリットとデメリットについてもう少し詳しく見ていきましょう。

まずメリットとしては効果が大きいという部分です。

皮膚科医はプロですし、原因特定、種類の特定をし、患者に合った治療法を行ってくれます。

ご自身で悩みながらケアをするよりも短期間で効果が出やすいのもメリットといえるでしょう。

反対にデメリットとしては、自由診療なのでどうしても治療費が高くなってしまうことがデメリットとして挙げられます。

目の下のクマを皮膚科で治すのは保険適用外なので全額自己負担で治すことになります。

治療を始める際にはいくらくらいかかりそうなのかといった点を確認しておくのが大切です。

このほかには皮膚科で可能な目の下のクマ治療は「今ある目の下のクマ」に対するものなので、これからできてしまうかもしれない目の下のクマへの対策は不十分といえるでしょう。

目の下のクマと病気の関係性とは

目の下のクマは病気や体調不良の兆候かもしれない、と思うと単に老けて見える、疲れて見える以外の問題もあらわれてきますよね。

目の下のクマは病気と関係性があるのでしょうか。

目の下のクマと病気の関係

詳しく調べてみました。

まず、色素沈着が原因で起きる茶クマや加齢などによりたるんでしまうことが原因で起きる黒クマについてです。

こちらの種類は加齢による現象の一種なので、特に茶や黒のクマがあらわれてしまったからといって病気と関係性があるわけではないのです。

しかし、茶クマがあらわれた場合は長年の紫外線ダメージが蓄積されているということなので追加でシミがあらわれたり皮膚がんを起こしてしまわないか注意をしておく必要がありますね。

茶や黒のクマは加齢によるもので病気とは関係性がほとんどありませんが、青クマの場合は血行不良で起こるので病気と関係性があるともいえるでしょう。

例えば睡眠不足で血行不良を起こしてしまうと青クマになってしまいます。

他には眼精疲労で青クマをひきおこしてしまうケースもあります。

何らかの病気が原因で血行不良が起き青クマも起きている場合も考えられます。

血行不良は様々な病気の原因、病気の症状なので青クマが目の下にあらわれた時には少し病気との関係性にも注意しておきましょう。

目の下のクマを消す!お家で簡単ケアできる方法とは!?

目の下のクマを消す簡単ケアを紹介します。

目の下のクマを消すお家で簡単ケア方法

目の下のクマはある程度年齢が進むと仕方がないと諦めてしまっている方もいるかもしれません。

確かに老化に伴いどうしても肌のハリが失われてしまいそれが原因でたるんで、目の下のクマになってしまいます。

化粧で隠すか諦めてしまうしかないと思っている方も多いですが、実は目の下のクマは毎日のお家のケアで消したり薄くすることが可能です

とはいっても間違ったケアをしていても効果が出ないので正しいケアをすることが大切です。

自宅で簡単に目の下のクマを薄くしたり消したりする対策としておすすめなのがアイクリームを使用する方法です。

目元のケアはついつい他の部分と同じ化粧水や乳液を使いがちですが目元専用のクリームを使用すると薄くデリケートな目元部分の特別ケアが可能です。

目元のクリームにはいくつか種類がありますがおすすめは目の下のクマ対策に特化して作られているアイキララです。

朝と夜、化粧水の後につかうだけで目元にハリが戻りふっくらとした愛らしい目元を作ることができちゃいます。

目元にハリが戻れば目の下のクマも改善されます。

アイキララにはビタミンC誘導体も含まれているので茶クマにも効果があり、アイキララだけで対策ができちゃいます。

目の下のクマ・たるみの理由と改善方法

目の下のクマ・たるみの原因や解消する方法をお教えします!

目の下のクマ・たるみの原因と改善方法

目の下のクマが若い時はなかったけど最近あらわれてしまったと悩んでいる方も多いかもしれません。

若い時から使っていた寝不足の時のクマを消すメイクを試してもなんだか上手に消えない、そんな時はもしかしたら目の下のたるみが原因で目の下に影ができてしまっているのかもしれません

目の下のクマにはいくつか種類があり、目の下がたるんで影ができると黒クマと呼ばれる種類のものができてしまいます。

黒クマは影なのでメイクでも隠しにくいのが特徴です。

そんな目の下のクマはそもそも根本的な原因となっている目の下のたるみにアプローチをしなければ改善することは難しいです。

それでは目の下のたるみはどうやって改善すれば良いのでしょうか。

目の下のたるみはそもそも眼球の重みに皮膚が耐えられなくなってしまうことが原因で、徐々にたるみが起きてしまいます。

加齢によりどうしても長年の重力による影響や皮膚自体にハリが失われてたるみを起こしてしまったりします。

そのため、目の下のたるみは加齢が原因ともいえるでしょう。

しかし、目の下のたるみやそれが原因で起きる黒クマに関しては、

・眼球の筋肉を鍛えて眼球を皮膚ではなく筋肉で支えるようにする

・専用のクリームを使用する

・マッサージで肌にハリを取り戻し、たるみを改善、予防する

・ツボを押して目の周りのたるみを予防する

などの方法で改善することが可能です。

どの方法も毎日積み重ねていくことが大切なので徐々に効果が出るものと考えて毎日続けるようにしましょう

今現在目の下のクマに悩んでいない方も今後の予防をすると考えて今からこれらの対策に取り組んでいくのも良いですね。

目の下のクマを隠す化粧品やコンシーラーのおすすめ!

目の下のクマは化粧品のコンシーラーで隠したいですよね!

目の下のクマを隠すおすすめの化粧品やコンシーラー

合コンやデート、友達との約束や旅行などの時に目の下にクマができてしまっていたら台無しですよね。

何とかして目の下のクマを隠したいと考える方も多いでしょう。

血行不良が原因で起きる青クマは若い年齢の方でもちょっとした体調の変化で起きてしまう場合もあるので何かあったときのために目の下のクマを隠す化粧品を用意しておくのも良いでしょう

今回は目の下のクマを消すのにおすすめの化粧品やコンシーラーを紹介していきます。

まず、目の下のクマを消すには、目の下のクマの色味に合うコンシーラーを使用するのが大切です。

まずはご自身の目の下のクマの種類を特定して合う色味のコンシーラーを見つけましょう。

血行不良が原因で起きる目の下の青クマの場合はオレンジ系、ピンク系のコンシーラーを使用します。

目の下の影が薄い場合はコントロールカラーや下地でも代用可能です。

セザンヌのピンク色の化粧下地は目の下のクマ以外にもちょっと顔色が悪い日などにも使えますし、多くの日本人に肌なじみしやすい色ですしおすすめです。

お手持ちのコンシーラーとこのような下地やコントロールカラーをあわせるとコンシーラー複数用意しなくて済むのでおすすめです。

そして、色素沈着による目の下の茶クマを隠すにはイエロー系のコンシーラーがおすすめです。

肌より薄い色ではなく肌より少し濃いめのコンシーラーを使用しましょう。

イブ・サンローラン・ボーテのラディアントタッチは色味が複数選べるのでおすすめです。

茶クマにはラディアンズシルク、ルミナスアイボリーなどがおすすめです。

目の下のクマ(男性)なぜ出来るのかと種類、改善方法は?

目の下のクマは男性にもできますので、男性の目の下のクマの原因と種類、改善方法を紹介します。

男性の目の下のクマの原因や種類、改善方法

目の下のクマに悩むのは女性だけではなく、男性でも目の下のクマに悩まされてしまう場合があります

特に男性の場合は女性と違って化粧で目の下の影を隠すということが難しいので、より毎日のケアや予防が大切になります

目の下のクマができてしまうと男性の場合疲れた印象や覇気のない印象を相手に与えかねません。

男性も女性同様にクマには種類があり、種類によって改善方法が異なります。

目の下のクマの種類としては、長年の日焼け等が原因で起きる茶クマと呼ばれる種類、目の下のたるみが原因で起きる黒クマと呼ばれる種類、血行不良が原因で起きる青クマと呼ばれる種類が挙げられます。

男性の場合、女性よりもスキンケアやUVケアを行っていないことも原因の一つとしてあるので、若いうちからUVケアをきちんと行い茶クマを予防するようにしましょう。

特に目の下部分は日焼け止めを塗り忘れてしまうこともありますし、サングラスをかけたからOKと判断する男性は多いようです。

身近な女性に習ったり、インターネットなどで正しいUVケアの方法や日焼けをした後のケアをマスターするようにしておきましょう。

また、仕事が忙しく睡眠不足が続いたりパソコンやモニターに向き合い眼精疲労が起きることが原因で、青クマができる場合もあります。

青クマができてしまったときは血行不良の原因がわかる時にはそれを取り除く、原因がわからない場合は蒸しタオルなどで目元をあたためてあげることが大切です。

仕事が忙しい分、休日も思いっきり遊んでストレスを解消したいということもあるかと思いますが、目元のことを考えて休息も十分にとることが大切です。